大島 胸張るアシスト「攻撃を意識していた」

[ 2016年6月30日 05:30 ]

南アフリカ戦の前半、競り合う大島(左)

国際親善試合 U23日本代表 4―1 U23南アフリカ代表

(6月29日 松本)
 U―23日本代表MF大島が同点弾をアシストした。

 0―1の前半37分、矢島のパスに反応して裏に抜け出すと、GKを引きつけ横パス。中島のゴールを演出し「抜け出した後に(中島)翔哉が見えた。攻撃を意識していた」と胸を張った。故障を抱える遠藤の欠場を受け主将マークを巻き後半6分までプレー。「ゼロで抑えたかった」と反省も忘れなかったが「団結して良いゲームができた」と国内ラストマッチを振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年6月30日のニュース