亀川 ハンドPK献上を悔やむ「ヘディングでクリアするべき」

[ 2016年6月30日 05:30 ]

南アフリカ戦の前半、攻め込む亀川(右)

国際親善試合 U23日本代表 4―1 U23南アフリカ代表

(6月29日 松本)
 U―23日本代表DF亀川は前半28分、自陣ペナルティーエリア内で浮き球のボールを胸トラップした際に、左腕にボールが当たりハンドの判定。先制を許すPKを与えた。

 前半35分には左サイドから中央に切り込み右足でシュート。オーバーエージ枠で左サイドバックの藤春(G大阪)の選出が内定する中、積極的な動きでアピールしたが、失点に絡むプレーはいただけなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年6月30日のニュース