野津田 悔し不完全燃焼「もっとやれることはあった」

[ 2016年6月30日 05:30 ]

南アフリカ戦の前半、攻め込む野津田

国際親善試合 U23日本代表 4―1 U23南アフリカ代表

(6月29日 松本)
 U―23日本代表MF野津田は不完全燃焼に終わった。

 右MFとして先発、前半20分にはゴール前で左足ダイレクトのシュートを放ったが、GKのセーブにゴールを奪えず得点に絡めないままハーフタイムに交代した。攻撃陣唯一のレフティーは、本大会メンバー入りが当落線上な状況だけに「もっとやれることはあった」と険しい表情で語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年6月30日のニュース