櫛引 PKで失点も安定感!試合勘不足の不安を払しょく

[ 2016年6月30日 05:30 ]

南アフリカ戦の前半、クロスボールをクリアするGK櫛引(左)

国際親善試合 U23日本代表 4―1 U23南アフリカ代表

(6月29日 松本)
 U―23日本代表GK櫛引が安定した守備で最少失点に抑えた。

 前半24分にゴール前の混戦から放たれたシュートを体ではじき出すと、前半41分にはミドルシュートをセーブ。前半30分にPKから失点を喫したものの、大きなミスはなかった。鹿島ではGK曽ケ端の牙城を崩せずに控えの立場。試合勘が心配されたが、フル出場で不安を払しょくした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年6月30日のニュース