バーンリーがプレミア復帰 来季放映権料は310億円超 残り2枠

[ 2016年5月3日 11:27 ]

 イングランド・チャンピオンシップ(2部)で首位バーンリーは2日、クイーンズパーク・レンジャーズに1―0で勝って自動昇格条件の2位以内を確保し、プレミアリーグ昇格を決めた。バーンリーは1シーズンでのプレミアリーグ復帰となり、来季から大幅に増額される2億ポンド(約310億円)を超えるテレビ放映権料を手にする。

 バーンリーは勝ち点を90に伸ばし、同日3位ブライトンが5位ダービー・カウンティと1―1で引き分けたため、残り1試合で勝ち点88で並ぶ2位ミドルスブラとブライトンとの三つどもえの争いを制した。

 残り1枠となった自動昇格をかけて、最終節でミドルスブラがホームでブライトンとの直接対決をむかえる。

 3位から6位のチームで争われるプレーオフは、ミドルスブラかブライトンと、ハル・シティー、ダービー・カウンティ、シェフィールドの3チームを加えた4チームで争われる。

 ◆イングランド・チャンピオンシツプ順位表(勝ち点、得失点差)
 1位バーンリー(90、+34)
 2位ミドルスブラ(88、+32)
 3位ブライトン(88、+30)
 4位ハル・シティー(80、+30)
 5位ダービー・カウンティ(78、+24)
 6位シェフィールド(74、+22)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年5月3日のニュース