浦和、引き分けでH組2位 G大阪は未勝利で終了

[ 2016年5月3日 23:11 ]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は3日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、H組の浦和はホームの埼玉スタジアムで浦項(韓国)と1―1で引き分け、勝ち点9の同組2位で決勝トーナメントに進むことになった。

 浦和は後半に先制されたが、ズラタンがPKを決めて追い付いた。シドニーFC(オーストラリア)は広州恒大(中国)に0―1で敗れたものの、勝ち点10で同組1位。

 敗退が決まっていたG組のG大阪は敵地でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に1―2で敗れ、2分け4敗で終えた。2点を先行され、後半終盤にアデミウソンが1点を返すのがやっとだった。1位の上海上港(中国)は水原(韓国)に0―3で敗れた。

 ▼浦和・ペトロビッチ監督 強風の中でミスもあったが、選手は強い気持ちを持って最後まで戦った。FCソウルは質の高い、攻撃的なサッカーをする。そんな相手とできるのは喜ばしい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年5月3日のニュース