バイエルン ホームで逆転決勝だ!いざCLアトレチコ戦へ

[ 2016年5月3日 05:30 ]

アトレチコ・マドリード戦へリラックスムードで調整するバイエルンMのボアテング(左)とリベリ(AP)

 欧州CL準決勝は3日にバイエルン・ミュンヘン―アトレチコ・マドリードの第2戦が行われる。

 アウェーでの第1戦を0―1で落としたバイエルンは、3季連続4強敗退の危機。グアルディオラ監督は「チャンスはまだある。もし負けたら俺を殺してくれ」と悲壮感を漂わせたが、内転筋負傷で約3カ月離脱していたDFボアテングが4月30日の国内リーグ・ボルシアMG戦で先発復帰したのは好材料だ。守備の柱&攻撃の起点となる男は「俺たちはホームでめっぽう強い」と逆転での決勝進出へ意気込んだ。

 公式戦6戦連続無失点のAマドリードの堅守に対し、第1戦ではベンチスタートだったMFミュラーを、指揮官が先発起用するかにも注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年5月3日のニュース