インテル長友 無念の完敗…欧州CL出場権が消滅

[ 2016年5月3日 05:30 ]

ラツィオ戦の後半、クロスを上げるインテル・ミラノの長友(右)

セリエA インテル・ミラノ0―2ラツィオ

(5月1日)
 インテル・ミラノDFの長友は左サイドバックで先発し、後半34分までプレーした。

 試合は開始8分に先制を許すなど、0―2の完敗。この結果、3位以上の可能性が消滅し、来季の欧州CL出場権を逃した。試合後、マンチーニ監督は「(1失点目は)アマチュアの試合でもあり得ない。2人の相手に対して7人で守っていたのに得点を許した。最もひどいミスだった」と怒りをぶちまけていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年5月3日のニュース