×

ハーフナー ラッキー弾で今季14点目!欧州日本人最多弾に王手

[ 2016年4月11日 05:30 ]

フィテッセ戦の前半、競り合うデンハーグのハーフナー(左)

オランダリーグ ADOデンハーグ2―2フィテッセ

(4月9日)
 ADOデンハーグのFWハーフナーが今季14点目を決めた。

 前半7分、右CKのチャンス。ショートCKからのクロスが相手DFの頭に当たり角度が変わると、ボールはファーサイドに詰めていたハーフナーの頭に当たりネットを揺らした。顔面弾にも見えたが「普通に頭に当たりました。前の試合は全然入らなかったのに、分からないものですね」と幸運な一撃を振り返った。

 試合開始は2トップの一角、前半途中からは3トップの中央でプレー。後半41分に途中交代する際には12~14年に所属した古巣の相手サポーターから大きな拍手が送られた。日本人の欧州主要リーグ最多得点は13~14年にマインツの岡崎(現レスター)が記録した15。残り4試合で、あと1点に迫り「全試合に出たら31試合なので、半分は取りたい。最低でも16得点」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2016年4月11日のニュース