×

湘南 拙攻響き最下位転落…終了間際に痛恨の2失点で3連敗

[ 2016年4月11日 05:30 ]

明治安田生命 J1第1S第6節 湘南1―3甲府

(4月10日 中銀スタ)
 湘南は3連敗で最下位に沈んだ。

 シュート14本を放ちながら攻めあぐね、1―1の後半ロスタイムに痛恨の2失点を喫した。後半は先月29日に加入したMF長谷川をリーグ戦で初投入。ボランチの交代により前半に比べて縦パスの意識が増えたものの、反撃はPKの1得点にとどまった。終了の笛が鳴るとイレブンはぼう然と立ち尽くした。チョウ・キジェ監督は「勝ち切れないところに向き合って、前向きなエネルギーを込めて次の試合に臨みたい」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2016年4月11日のニュース