×

横浜“我慢のサッカー”で勝ち点1、俊輔「痛み分けかな」

[ 2016年4月11日 05:30 ]

<横浜・浦和>スコアレスドローに終わり、悔しそうな表情で引き揚げる横浜・中村(左)と小林

明治安田生命 J1第1S第6節 横浜0―0浦和

(4月10日 日産ス)
 横浜が「我慢のサッカー」を貫き、スコアレスドローに持ち込んだ。

 シュート数は5対15本と押し込まれる時間帯が長かったが、チーム全体で守備意識が高く今季初の無失点。攻撃は高卒ルーキー、MF遠藤らのカウンターも散発に終わり得点には届かなかった。中村は「浦和の選手も試合後“最低限はやった”と言ってたし、痛み分けかな。プラスに捉えています」。連勝は3で止まったが、勝ち点1を前向きに捉えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2016年4月11日のニュース