Jブータンサッカー教室 国際貢献事業に認定

[ 2015年6月27日 05:30 ]

 Jリーグは、ブータンで7月3、4日に実施するサッカー教室などの活動が、政府が主導する20年東京五輪・パラリンピックに向けた国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」に認定されたと発表した。

 「スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム」の会員に加盟することも決まり、サッカー教室のほか、日本の各クラブのサポーターから集めたユニホームを子供たちに寄贈する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年6月27日のニュース