広島、最後に痛い失点…水本「勝ち点2を失った感じ」

[ 2015年6月27日 23:19 ]

J1第1S第17節 広島2―2鳥栖

(6月27日 ベアスタ)
 広島は最後の最後で勝利を逃した。後半ロスタイムにCKから失点して痛い引き分け。3位に後退して第1ステージを終え、森保監督は「隙を与えないように試合を進めていかないといけない」と振り返った。

 リードされても、両サイドから揺さぶりをかけ続けた。後半15分に左クロスをペナルティーエリア外から青山がボレー。鮮やかなゴールで追いつくと、33分には右クロスで相手のハンドを誘い、PKで勝ち越した。それでも逃げ切れず、水本は「勝ち点2を失った感じ」と肩を落とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年6月27日のニュース