ゼニトが監督解任 ロシア・プレミアリーグ2度優勝

[ 2014年3月12日 09:53 ]

 サッカーのロシア・プレミアリーグ、ゼニトは11日、イタリア人のスパレッティ監督を成績不振のため解任したと発表した。当面はセマク・コーチが代行する見通し。

 同監督はチームを2度リーグ優勝に導いたが、公式戦はここ11試合で1勝にとどまっている。2月の欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でもドイツのドルトムントに2―4で敗れ、敗退の危機に立たされている。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年3月12日のニュース