川崎F ACL韓国遠征メンバー外9選手が駅前で募金活動

[ 2014年3月12日 05:30 ]

 川崎Fは東日本大震災から丸3年を迎え、ACLの韓国遠征メンバーから外れた9選手が溝の口駅前で募金活動を行った。

 クラブの復興支援活動「Mind―1ニッポン プロジェクト」の一環で、有志サポーター約40人も参加。チームは毎年、甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市で復興支援活動も行っている。小宮山は「実際に被災地に行っている僕らが先頭に立って活動を行わないといけない。継続することが大事」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年3月12日のニュース