Jリーグ13年度決算 実質2900万円の黒字

[ 2014年3月12日 18:24 ]

 Jリーグは12日、東京都内で開いた総会で2013年度(1~12月)の収支決算を承認し、116億2500万円の経常収益に対して120億900万円の経常費用を計上し、3億8500万円の赤字となった。前期からの繰越金3億2000万円と経常外収益を含むと、実質的には2900万円の黒字となる。

 予算で経常収益は116億3800万円だったが、放送権料や協賛金が見込み額を下回った。費用はクラブへの配分金が増えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年3月12日のニュース