被災地に明るい話題を!中沢 広州戦を前にチーム全員で黙とう

[ 2014年3月12日 05:30 ]

ACL1次リーグG組 横浜―広州恒大

(3月12日 横浜国際)
 被災地の思いを背負う横浜DF中沢がアジア王者を抑え込む。1月にも宮城県内の小学校を訪れるなど支援活動を続けており、11日の練習前にはチーム全員で黙とう。「つらいことがあったということを、現地の人たちが少しでも人に話せるようになれば」と、被災者を思いやった。

 12日にはACL1次リーグ第2戦で広州恒大をホームに迎える。「耐える時間も増えるだろうけど、1対1で負けないように」と相手の強力攻撃陣を抑え、被災地に明るいニュースを届けるつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年3月12日のニュース