岩手出身の岩清水、被災地のみんなに「サッカーで元気与えたい」

[ 2014年3月12日 05:30 ]

アルガルベ杯1次リーグB組 日本2―1スウェーデン

(3月10日 アルガルベ)
 岩手県出身のDF岩清水は的確なラインコントロールで勝利に貢献した。自らのファウルで先制のFKを与えてしまったが、「逆転できる自信があった」と攻撃の芽を摘んで追加点を与えなかった。11日で東日本大震災から3年。毎年オフに被災地でサッカー教室を開き、支援活動を続けている岩清水は「頑張っているところを見せて、みんなに元気を与えたい。自分にはサッカーしかないけど、やれることをやっていきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年3月12日のニュース