ベストイレブンに広島から5人!青山「マラドーナを超えました」

[ 2012年12月3日 20:46 ]

ベストイレブンに輝いた(前列左から)鳥栖・豊田陽平、広島・佐藤寿人、柏・レアンドロ、仙台・ウイルソン、(中列左から)G大阪・遠藤保仁、広島・高萩洋次郎、同・青山敏弘、(後列左から)磐田・駒野友一、広島・水本裕貴、名古屋・田中マルクス闘莉王、広島・西川周作

2012Jリーグアウォーズ

(12月3日 横浜アリーナ)
 ベストイレブンには、優勝の広島から5人が選出。GK西川は、総失点を34に抑えた守備に「シーズン前から目標にしていた。達成できてうれしい」と、守備と攻撃の好バランスに満足げ。

 DF水本はフル出場を果たし「監督さんが使ってくれたおかげ。(退場なしも)クリーンなプレーを心掛けた。チームみんなのおかげ」とフェアプレー賞につながったパフォーマンスが評価された。MFで選ばれた青山は5月12日の横浜戦で決めた63メートルの超ロングシュートに話題が及ぶと「マラドーナを超えました!」と誇らしい表情、ボランチでコンビを組む森崎和に「支えてもらった」と感謝していた。同じく高萩は9月15日の仙台との大一番で決勝ゴールを挙げ、豊富な運動量でチームを支えた「走らないとサッカー出来ないので。もっと走りたい」と意欲的だった。

 FW佐藤はMVPなどと合わせて4冠「次はクラブW杯。世界の舞台でサンフレッチェのサッカーをお見せしたい」と6日の初戦に向けて意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月3日のニュース