途中出場で貢献…伊各紙、長友に“まずまず”の評価

[ 2012年12月3日 19:41 ]

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、1―0と勝った2日のパレルモ戦で後半途中から出場し、決勝点に絡んだインテル・ミラノの長友佑都は3日付のイタリア各紙からまずまずの評価を受けた。

 ガゼッタ・デロ・スポルト、コリエレ・デロ・スポルト、トゥット・スポルトとも及第点の6点。コリエレ紙は長友と交代したサネッティと比較し「よりフレッシュで攻撃的」と評した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月3日のニュース