揺れる扇原 C大阪への愛着強く「このクラブに何か残したい」

[ 2012年12月3日 07:19 ]

C大阪のファン感謝デーでサポーターと笑顔を見せる扇原貴宏

 C大阪のDF扇原貴宏(21)にドイツ1部・ニュルンベルクから獲得に向けた正式オファーが届いたことが2日、分かった。

 C大阪もジュニアユースから育ててきた扇原とは昨オフに3年契約を更新。そのため、海をわたる際には移籍金がかかることになっている。

 海外挑戦を目標にしてきた扇原だが「このクラブに(タイトルなど)何か残したい」と話しているように、中学1年生から所属してきたC大阪への愛着は人一倍強い。

 J1残留を決めた川崎戦から一夜明け、この日は長居スタジアムでのファン感謝イベントに参加。特設ブースでは多くのサポーターと握手も交わし「残留できてホッとしている。これからもっと成長していきたい」と飛躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月3日のニュース