長谷部 アピールならず「間違いなくチャンスだった」

[ 2012年12月3日 11:40 ]

ハンブルガーSV戦の前半、攻め込むウォルフスブルクの長谷部

ドイツ1部リーグ ボルフスブルク1―1ハンブルガーSV

(12月2日)
 久々に本職の守備的MFで起用されたボルフスブルクの長谷部は「間違いなくチャンスだったし、もう少しアピールしないといけなかった」と悔やんだ。守備面では無難にこなしたものの、攻撃面では本来の展開力を発揮できなかった。

 来年6月のコンフェデレーションズカップの1次リーグで日本がブラジル、イタリア、メキシコと同組に入り、日本代表の主将は「相手を見て、ちょっと鳥肌が立った」と刺激になった様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月3日のニュース