長友は途中出場 長谷部、川島がフル出場

[ 2012年12月3日 11:08 ]

 サッカーの欧州各リーグは2日、各地で行われ、イタリア1部リーグ(セリエA)で長友佑都のインテル・ミラノはホームでパレルモを1―0で退け、長友は後半19分から右MFで出場して積極的に攻め上がった。

 ドイツ1部リーグでウォルフスブルクの長谷部誠はホームのハンブルガーSV戦にフル出場し、チームは1―1で引き分けた。ホッフェンハイムの宇佐美貴史はホームのブレーメン戦で出番がなく、チームは1―4で敗れた。ベルギー1部リーグでスタンダールのGK川島永嗣はアウェーのワースランドベベレン戦にフル出場し、チームは2―0で勝った。

 オランダ1部リーグでハーフナー・マイクと安田理大のフィテッセはホームでローダを3―0で下し、ハーフナーは後半14分から左MFで出場し、安田は出番がなかった。高木善朗のユトレヒトはホームでAZアルクマールに2―1で勝ち、高木は出番がなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月3日のニュース