長友 途中出場でチャンス演出!4戦ぶり勝利に貢献

[ 2012年12月3日 06:00 ]

パレルモ戦の後半途中から出場し、右サイドを攻め上がるインテル・ミラノの長友(左)

セリエA インテル・ミラノ1-0パレルモ

(12月2日)
 インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都は2日、ホームのパレルモ戦に後半19分から途中出場した。本職のサイドバックではなく、より攻撃的な右MFに入ると、直後にはいきなり鋭いカットインからチャンスを演出した。

 リーグ戦はここ3戦勝利のないチーム事情から5戦ぶりにスタメンを外れたが、限られた時間の中でも攻守に圧巻の存在感。試合の流れを大きく変え、1―0の4戦ぶり勝利に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月3日のニュース