清武 U―23時代に3-0勝利、イラク戦は“好相性”

[ 2012年9月11日 06:00 ]

練習で笑顔を見せる清武

W杯アジア最終予選グループB 日本―イラク

(9月11日 埼玉)
 日本代表MF清武弘嗣が得意のイラク戦で相手DFをかく乱する。

 敵将ジーコ監督によれば、今回イラク代表はロンドン五輪世代から7人を招集した。今年1月、清武は関塚ジャパンの一員としてドーハでU―23イラク代表と非公開の練習試合を行い3―0で快勝。「(印象は)ないっす」と苦笑いしたが、脳裏には良いイメージが焼き付いている。

 ジーコ監督もその試合を視察しており、試合後には印象に残った選手として清武の名前も挙げていた。6日のUAE戦では右MFとして先発し、序盤から香川とのコンビネーションで何度も得点機を演出し、好調をアピールした。「いい準備をして臨みたい」。ピッチに立ち、相性の良さを発揮する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月11日のニュース