W杯で八百長!?元ガーナ代表GK 06年チェコ戦を言及

[ 2012年9月11日 06:00 ]

 元ガーナ代表GKリチャード・キングソン(34)が06年W杯の1次リーグ・チェコ戦で八百長を持ちかけられたことを認めたと、スポーツ専門局ESPN(電子版)が10日に報じた。

 0―2で負けるよう30万ドル(約2400万円)で頼まれ、拒否したとナイジェリアのテレビで説明。依頼人に関する具体的な言及はなかったが「妻に尊厳と信頼を失うようなことに惑わされては駄目と言われた」と明かし、2―0の勝利に貢献した。試合で得た正当な報酬は3000ドル(約24万円)だったという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月11日のニュース