混乱続くイラク…テロ攻撃相次ぎ、各地で58人が死亡

[ 2012年9月11日 06:00 ]

W杯アジア最終予選グループB イラク―日本

(9月11日 埼玉)
 混乱が続くイラクでは、各地の20カ所以上で8日夜から9日にかけ、人混みや治安部隊を狙った爆発や攻撃が相次ぎ、ロイター通信によると少なくとも計58人が死亡した。国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力による犯行の可能性が高い。

 イラクでは7月、武装勢力の攻撃による死者数が300人以上に上り、過去2年間で最悪規模となったが、8月はやや改善していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年9月11日のニュース