仙台 2位に後退も、無失点での勝ち点1に満足感

[ 2012年7月14日 22:34 ]

J1第18節 仙台0-0名古屋

(7月14日 豊田ス)
 狙い通りといえるアウェーでの引き分けだった。手堅い試合運びで名古屋の攻撃を封じた仙台の手倉森監督は「最低限、無失点はできた。しっかり抑えて、大きな勝ち点1を拾えた」と満足感をにじませた。

 3得点で白星を挙げた広島に勝ち点36で並ばれ、仙台は総得点の差で首位を譲った。だが、手倉森監督に暗さはみじんもない。「2位に落ちたことをばねにしないと。上に上がるには、一回かがまないといけない」と先の戦いをにらんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月14日のニュース