麻也14日からフルメニュー 右膝順調に回復

[ 2012年7月14日 06:00 ]

千葉県内でリハビリを行った吉田(右)

 右膝じん帯損傷からの復帰を目指すロンドン五輪代表のDF吉田麻也(23=VVVフェンロ)が14日の欧州組の合同練習からフルメニューを消化する方針を示した。13日にU―23日本代表とA代表のメディカルスタッフとともに千葉県内でリハビリを行い、約1時間15分のメニューを消化。右足でロングボールを蹴るなど順調な回復ぶりを印象づけた。

 インフロントキックなど蹴り方によっては痛みも出るが「日に日に良くなっているので、あす(14日)から全体練習をやりたい」と説明。オーバーエージ(OA)枠での選出で連係面の確認に時間を割く必要があるため、18日の強化試合ベラルーシ戦での実戦復帰を目指して調整を進める。

 また、セリエAボローニャから獲得に興味を示されていることについては「まだ何も聞いていません。五輪は世界にアピールする絶好の舞台だと思うので(移籍を)勝ち取れるように頑張りたい」と明言を避けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月14日のニュース