後半ロスイタイムに斎藤が決勝弾!横浜がG大阪下す

[ 2012年7月14日 21:29 ]

試合終了間際、決勝ゴールを押し込んだ横浜・斎藤(左下)

J1第18節 横浜2-1G大阪

(7月14日 万博)
 横浜が後半ロスタイムに勝ち越し。味方シュートのこぼれ球に斎藤が詰めた。GKと交錯しながら右足で押し込み決勝点。「痛い(気持ちの)方が強かったけど、うれしいですね」と幼さの残る顔をほころばせた。これがロンドン出発前のラストゲームだった横浜の斎藤。自身2カ月ぶりのゴールで五輪へ弾みをつけた。

 守備意識を高めて臨んだG大阪は前半セットプレーからの失点が痛恨。後半42分にパウリーニョの個人技で追い付いたが、最後は攻勢に出た隙を突かれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月14日のニュース