五輪代表の永井、精彩欠きシュートもなし

[ 2012年7月14日 22:55 ]

J1第18節 名古屋0―0仙台

(7月14日 豊田ス)
 ロンドン五輪代表の名古屋の永井は、大舞台へ弾みをつけたいところだったが、この日は精彩を欠いた。ボールを受けてサイドを駆け上がったものの正確なクロスを入れられず、シュートもなしに終わった。

 ストイコビッチ監督は「五輪のことが頭にあったのでは」とチクリ。一時チームを離れる快足FWは「初戦のスペイン戦へ向け、いい準備をしたい。1試合1点は取りたい」と五輪1次リーグへ気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月14日のニュース