清水 数的不利で逃げ切れず…終盤に守備が崩壊

[ 2012年7月14日 21:50 ]

J1第18節 清水3-5柏

(7月14日 アウスタ)
 2人の退場者を出した清水は終盤に守備が崩壊し、今季ホーム初黒星。ゴトビ監督は「9人対10人になっても、3―1で勝っていた。そこでボールを保持できればよかった」と、試合運びのまずさを指摘した。

 前半37分に大前がPKを決め、6クラブ目となるリーグ戦通算千ゴールという節目に到達した。それでも「エスパルスの長い歴史の中で素晴らしい記録だけど、その試合で勝てなかったのが悔やまれる」と大前に笑顔はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月14日のニュース