C大阪の五輪代表コンビ 奮闘実らず

[ 2012年7月14日 23:19 ]

J1第18節 C大阪0-1鹿島

(7月14日 長居)
 C大阪の五輪代表MFコンビ、扇原と山口は、五輪前最後の出場となるリーグ戦を白星で飾れなかった。山口は「(きっちり)決めていれば、勝てた試合。勝てなかったのが一番悔しい」とうつむいた。扇原は「ここ最近の試合で、一番安定したパフォーマンスを出せた。そのまま五輪でも出せるようにしたい」と活躍を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月14日のニュース