札幌 7試合ぶりの勝ち点スルリ…石崎監督に悲壮感

[ 2012年6月30日 22:29 ]

J1第16節 札幌0-1鳥栖

(6月30日 ベアスタ)
 7試合ぶりの勝ち点を目前にしていた札幌が、試合終了間際に決勝点を決められた。内容は互角。だが、決定力の差が最後に明暗を分けた。今季2度目の7連敗に、石崎監督は「やはり点を取らないと勝てない。点を取れないのが今のコンサドーレ」と渋い表情だった。

 後半途中から出場したキリノの突破などで好機は演出したが、ゴールは遠かった。勝ち点4と断トツの最下位に沈む中、次節でシーズンの折り返しを迎える。指揮官は「何としてでも結果を出して、後期につなげたい」と悲壮感を漂わせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年6月30日のニュース