新潟が追い付き分ける GK東口の好守も光った

[ 2012年6月30日 21:27 ]

J1第16節 新潟1―1鹿島

(6月30日 東北電ス)
 鹿島は前半17分、ドゥトラのゴールで先制したが、その後は決定機を何度も逃した。新潟は前半37分にミシェウのシュートで同点に追い付いた。攻め込まれてもGK東口の好守でしのぎ、カウンターから好機をつくったが決めきれず。

 好守を連発した新潟のGK東口は「前半のうちに追い付けたことで、チームとして90分戦うことができた」と胸を張った。

 前半にミシェウが同点ゴールを奪った後はピンチの連続だったが、耐えた。それでも守護神は「勝ち点1では今の状況を脱することはできないので、満足してはいけない。勝てるチャンスもあった」と反省も忘れなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年6月30日のニュース