神戸の都倉 ミドルシュートで決勝点!

[ 2012年6月30日 21:23 ]

J1第16節 神戸1-0川崎F

(6月30日 等々力)
 神戸は後半32分、都倉のミドルシュートが豪快に決まり、決勝点。神戸は素早いプレスで流れをつかんだ。「いい位置で、左足で持てたらどんどん振り抜こうと思っていた」と都倉は満足そうな笑顔を浮かべた。

 これでリーグ戦は3連勝。西野監督は「川崎はゲーム内容も非常に憧れるようなよいサッカーをしているなと思った。都倉のシュートは、やっとでてきたなという感じ」と話した。

 川崎Fは後半に入り、スペースを突いた。持ち前のパスサッカーが機能したが、ゴールを奪うことはできなかった。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2012年6月30日のニュース