米国男子 五輪予選敗退…2大会連続出場ならず

[ 2012年3月28日 06:00 ]

五輪出場を逃しショックを受ける米国代表のアドゥ

 ロンドン五輪男子サッカーの北中米カリブ海予選で、2大会連続出場を目指した米国が敗退した。

 26日に地元テネシー州で行われた最終予選A組の最終戦でエルサルバドルと対戦し、後半ロスタイムの失点で3―3の引き分け。勝ち点4で3位に終わり、勝ち点5のエルサルバドルとカナダが決勝トーナメント進出を決めた。B組では、すでにメキシコが決勝トーナメント進出。31日の準決勝で勝った2チームが本大会出場権を獲得する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年3月28日のニュース