FIFA 心疾患対策へ乗り出す!各国代表の医師が協議

[ 2012年3月28日 06:00 ]

 ボルトンのMFムアンバがFA杯準々決勝トットナム戦で心停止となったことを受けて、FIFAが心疾患対策に乗り出すことになった。

 5月23、24日にハンガリーで行われるFIFAの医療会議で、各国代表の医師が集まって原因や対策を協議する。FIFAの医療責任者ドボラク氏は「突然の心停止に関する世界的なデータベースをつくりたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月28日のニュース