【天皇賞・秋】ダノンキングリー 悲願のG1獲りへ!休み明け好勝負必至

[ 2020年10月27日 05:30 ]

 ダノンキングリーが悲願のG1獲りに挑む。昨年の皐月賞(3着)、ダービー(2着)ともタイム差なし。G1タイトルまであと一歩だ。今回は安田記念(7着)以来の一戦。萩原師は「休み明けの方がいいパフォーマンスをするので、ぶっつけでの出走を決めた」と説明した。中10週以上空けて臨んだレースは3戦3勝。好勝負必至だ。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月27日のニュース