【天皇賞・秋】スカーレットカラー 勝負根性ある「この相手にどこまでやれるか楽しみ」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

 東京では昨年の府中牝馬S勝ちがあるスカーレットカラー。前走のクイーンSは4角手前から前がふさがるロス。それでも直線は内のスペースを突き、3着まで追い上げた。山下厩務員は「勝負根性はある。最後は凄い脚で伸びてくれた」と振り返る。今回は登録が12頭。この頭数ならゴチャつくシーンは考えにくい。「2000メートルの方が競馬はしやすい。切れだけなら遜色ないし、この相手にどこまでやれるか楽しみ」と意気込んだ。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月27日のニュース