【天皇賞・秋】アーモンドアイ 好調をアピール「ルメールも喜んでくれた」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

 国内外で芝G1・7勝の現役最強牝馬アーモンドアイがG1・8勝の偉業に挑む。前走・安田記念は中2週の異例のローテーションや、出遅れも響いて2着。今回は負けなしの2000メートル。昨年は安田記念3着→天皇賞・秋1着。同じローテーションで態勢は万全。国枝師は「(1週前追いに騎乗した)ルメールも状態の良さに喜んでくれた」と好調をアピールしていた。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月27日のニュース