【先週の新馬戦】シャフリヤール 唯一の「A」評価 全兄にアルアインがいる良血

[ 2020年10月27日 05:30 ]

 唯一の「A」評価は日曜の京都で勝ち上がった良血シャフリヤールだ。道中は人気を分け合ったヴィヴァンをマークするように中団を追走。直線で外から鋭く伸び、ライバルを差し切った。全兄にアルアインがいる良血。福永も「期待通りのいい内容。将来性もある」と絶賛。菊花賞当日の芝1800メートル戦は近年“伝説の新馬戦”として有名になっている。勝ち馬はもちろん、負けた馬の今後にも注目だ。

 土曜東京のグラティアスは昨年の阪神JFを逃げ切ったレシステンシアの弟。姉同様、スピードを生かす競馬だった。上がり3Fのラップ(11秒4→11秒3→11秒5)は優秀。ルメールも「跳びが大きくて能力がありそう」とジャッジ。ハーツクライ産駒で姉より距離は持ちそうだ。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月27日のニュース