【天皇賞・秋】ダノンキングリー85点 流麗ボディーラインと柔らか筋肉維持

[ 2020年10月27日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<天皇賞・秋>流麗なボディーラインと柔らかい筋肉を維持しているダノンキングリー(現場代表・競馬ブック)
Photo By 代表撮影

 3歳時から完成度が高かった馬体。4歳秋を迎えて大きな変化は見られませんが、流麗なボディーラインと柔らかい筋肉を維持している。利口そうな顔立ち。聡明な目を正面に向け、無駄のないハミの受け方をしています。体形から2000メートルはぎりぎり守備範囲。 天皇賞・秋

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月27日のニュース