【天皇賞・秋】クロノジェネシス 久々の東京歓迎「勝っているコースだし」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

 G1連勝を狙うクロノジェネシスは昨年オークス3着以来の東京遠征。和田助手は「あの頃とは馬が違う。勝っているコースだし久々の東京は気にしていない」と舞台を歓迎した。前走・宝塚記念は後続に6馬身差をつける圧勝。「大阪杯(2着)から良くなっていたし前走はこれまでで最も落ち着きがあった。今回も予定通りの調整ができている。出来は良さそう」。宝塚記念からの直行は10年ブエナビスタ、17年キタサンブラックが勝利している。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月27日のニュース