【天皇賞・秋】カデナ 少頭数を味方に波乱演出狙う「使って状態も良くなっている」

[ 2020年10月27日 05:30 ]

 カデナのG1・6戦は全て4着以下だが、春の大阪杯が見せ場たっぷり。最後方から内を狙い、グイグイ伸びて0秒2差4着に食い込んだ。柴田助手は「古馬になって、だいぶしっかりしてきた。休み明けの前走(毎日王冠4着)を使って状態も良くなっている」と前向き。12頭立て以下では【2・2・0・2】の好成績で着外2回はともに4着。さばきやすい少頭数を味方につけて波乱演出を狙う。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月27日のニュース