【天皇賞・秋】クロノジェネシス95点 腹周りふっくら立ち姿に余裕

[ 2020年10月27日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<天皇賞・秋>腹回りがふっくらしたクロノジェネシス
Photo By スポニチ

 クロノジェネシスの成長を見ていると、昨年の有馬記念で有終の美を飾ったリスグラシューを思い出します。3歳夏を境にトモの張りが見違えるほど増していった。腹周りもふっくら見せるようになった。柔軟な馬体だけに成長の余地があったとはいえ、その変身ぶりには驚かされる。晩成の名牝リスグラシューのような進化です。

 宝塚記念から4カ月の休養を挟んだ今回も成長が感じられます。立ち姿に余裕が生じています。これまでのように力を入れず自然体でゆったりとたたずんでいます。気持ちの余裕をうかがわせる立ち姿。仕上がりも申し分ありません。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月27日のニュース