【桜花賞1週前追い】デアリングタクト 強め3頭併せ「気合が入った」

[ 2020年4月2日 05:30 ]

<桜花賞・1週前追い>松山騎手を背に3頭併せで調教を行うデアリングタクト(左端)。中央はベレヌス、右はミスニューヨーク (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 新馬→エルフィンSを2連勝中のデアリングタクト(杉山晴)は松山を背にCWコースで3頭併せ。ベレヌス(3歳1勝クラス)を2馬身追走し、1馬身半遅れた。鞍上は「1週前なので強めにやりました。だいぶ気合が入っています」と感触を伝える。杉山晴師は「前回の1週前と同じパターンで調整しました。前回よりも力んでいましたが、マイルのG1なので、これでいいと思います。今のところ順調です」と話した。 桜花賞

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月2日のニュース