【大阪杯】ジェニアル 4F52秒1で併入!陣営納得「いい動き」

[ 2020年4月2日 05:30 ]

<大阪杯>パーティナシティ(右)と坂路併せ馬で追い切られたレッドジェニアル
Photo By 提供写真

 日経新春杯7着から巻き返しを図るレッドジェニアルは坂路へ。格下ながら稽古駆けするパーティナシティ(4歳1勝クラス)と併せてゴール前、食らいついて4F52秒1で併入した。中塚助手は「相手がメチャクチャ動くので当然、向こうの方が手応えがいいけど、この馬自身はいつも坂路だとモタモタするのに今朝はいい動き」と納得の表情。「前走は稽古の段階で左に張るのが異常に強かったんです。その点、今回は立ち上げた時からそういうのがないし、状態は前走より間違いなくいいですよ」と力を込めた。 大阪杯

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月2日のニュース