【大阪杯】ブラスト ラスト伸び伸び12秒3 大竹師「想像していたよりいい」

[ 2020年4月2日 05:30 ]

<大阪杯>ザダル(右)と併せて追い切られたブラストワンピース(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 美浦に咲き誇った桜に見守られ、ブラストワンピースが気持ち良さそうに駆け抜けた。Wコースで1歳後輩のオープン馬ザダル(4歳)の1馬身後ろを追走して内へ。鞍上の岩藤助手はノーアクション。4F51秒8~1F12秒3で楽々併入。追っていれば間違いなく突き抜けた迫力だった。

 大竹師は「想像していたよりいい動き。2週前はトモ(後肢)の送りがスムーズではなくドタドタした感じだったが、先週と今週はスムーズだった」と穏やかに切り出した。そして“静”に徹した理由を続けた。「先週末あたりから活気が出てきたのでそれを競馬まで生かしたい。元気をためるような稽古にしました」

 悠然と構えたのには昨年の大阪杯の教訓もあった。1番人気に推されながら6着。指揮官は「昨年は馬体重の数字を求めて絞りにかかったのが、活気をちょっとそぐような形になってしまったのかな。言い方を変えれば、研ぎ澄まされた仕上げではあったんです」

 今年初戦のAJC杯はグランプリホースの威厳を示す快勝。昨秋の凱旋門賞(11着)で失いかけた自信も取り戻した。栗東では川田が「前の馬が故障してしまうアクシデントはあったが気持ちを切らさずに走ってくれた。しっかりした走りでホッとしました」と振り返れば、同師は「凱旋門賞は能力で負けたわけではない。それを証明できて良かった」と底力を再確認した。

 18年有馬記念以来のG1制覇が懸かる1年ぶりの阪神。テレビやラジオのファンに雄姿を。陣営の思いは一致している。同師は「2000メートルはベストの距離。無観客競馬が続く中でのG1で、結構複雑な気持ちで臨むことになりますが、何とか皆さんを元気づけるような結果を残せればと思っています」と誓った。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月2日のニュース