【ダービー卿CT】ストーミーシー しまい気合12秒1「貫禄出てきた」

[ 2020年4月2日 05:30 ]

<ダービー卿CT>美浦トレセンで追い切られたストーミーシー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 重賞初Vに挑む7歳馬ストーミーシーは坂路併せ馬でしまい気合をつけられ、4F52秒5~1F12秒1をマークした。「動きもしっかりしてきたし、貫禄も出てきました」と斎藤誠師。前走・東風Sではこれまでの後方待機策ではなく、好位から抜け出し快勝。師は「前走は騎手がうまく乗ってくれた。今の好調ぶりなら重賞でも期待したい」と笑顔で締めくくった。 ダービー卿CT

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月2日のニュース